“魚介メニュー“が作りやすくなってリニューアル!
「GABAN® シーズニング」
<海老ソテー><ムニエル>

2021年01月15日

ハウス食品は、シーズニングスパイス「GABAN® シーズニング」より<海老ソテー><ムニエル>の2品をリニューアルし、2月8日からスーパーなどで発売します。調理するのにハードルが高い“魚介メニュー”の工程を減らし、スパイスとハーブで“世界の本格料理”が簡単に作れるのが特徴で、食卓での上質な時間を楽しむ夫婦をターゲットにしました。内容量は<海老ソテー>7.2g、<ムニエル>7.5g、オープン価格(税別参考小売価格150円)。

画像:左から「GABAN® シーズニング」<海老ソテー>、<ムニエル>

画像:左から「GABAN® シーズニング」<海老ソテー>、<ムニエル>

■特徴

(1)スパイス&ハーブのシンプルな美味しさが味わえる、メニュー専用「GABAN® シーズニング」がリニューアル!

(2)王道の魚介メニューが、従来の美味しさそのままに、簡便性がアップ!

■開発ストーリー

①【きっかけ】
「魚介メニュー」を、より手間のかからない作り方に改良する事で、ユーザーの満足感を高められると考えました。家庭内調理の拡大で注目されつつある「本格感」「定番メニュー」に着目し、今回リニューアルするアイテムを決定しました。

②【ターゲット】
スパイスの効いた本格的な料理を手軽に楽しみたい方、特に40~60代の二人世帯に向けて開発しました。休日などゆったりと食事を楽しみたい時に、スパイスの美味しさでワンランクアップした上質な時間を過ごしていただきたいです。

③【苦労した点】
<海老ソテー>:
当初シーズニング粉末が海老に付着しにくく、味の乗りに課題がありましたが、検討を重ねた結果、海老に付着しやすく、食感もプリっとさせられる技術を発見しました。

<ムニエル>:
乳アレルゲンにあたる原料を使用せずに、魚に合うバター感をつけるのに苦労しました。

④【一押しポイント】
<海老ソテー>:
従来のマリネしてから焼く仕様を、シーズニング粉末をまぶして焼くだけのシンプルな作り方に改良し、より簡単に、より少ない油(従来の半分の量のオリーブオイル)でヘルシーに仕上げることができます。「ブラックペパー」の爽やかな風味と「ガーリック」の旨みが、炒めた香ばしい海老によく合い、「ターメリック」・「唐辛子」・「パセリ」で彩りよく仕上げた海老ソテーが楽しめます。

<ムニエル>:
バター風味原料を配合したことで、調理にバターを準備する必要がなく、サラダ油でも美味しく召し上がれる仕様に改良しました。魚に相性抜群のハーブ「ディル」に、「タイム」・「カルダモン」の風味が合わさった、爽やかな味わいを楽しめるムニエルです。

■ブランドの取り組み・展望

シーズニング製品の認知向上を図るためインフォマーシャルの展開や、WEBサイトでのサンプリング企画を計画しております。

■製品概要

製品名/内容量GABAN® シーズニング 海老ソテー / 7.2g(2人分)
GABAN® シーズニング ムニエル / 7.5g(2人分)
価格オープン価格(税別参考小売価格 150円)
発売日2021年2月8日より順次切り替え
発売地区全国

・「GABAN® シーズニング」ブランドサイト(2月8日更新予定):
URL:https://www.h-spice.jp/seasoning/seasoning_gaban.html

page top