フライパン調理で簡単ワンディッシュメニュー
ハウス「ごちレピライス」誕生
冷凍保存しても楽しめる!キーマカレー&タコライスソース
2月10日より新発売

2020年02月04日

ハウス食品は、常備食材のひき肉と玉ねぎを炒めさっと煮込むだけで、“ワンディッシュメニュー”ができあがるルウタイプのメニュー調味料、ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー><タコライスソース>を、2月10日より全国で発売いたします。

画像:ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー><タコライスソース>

画像:ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー><タコライスソース>

新ブランド「ごちレピライス」誕生!コンセプトは『忙しい日のプチごちそうレシピ』

共働きの増加や調理時間の短縮傾向を背景に、手軽なのに作りがいある“プチごちそうレシピ”のレパートリー提案として、この度新ブランド「ごちレピライス」を開発しました。
常備食材である“ひき肉”と“玉ねぎ”をフライパンで炒めて、さっと煮込むだけでできあがるルウタイプのメニュー調味料で、レシピ検索サイトでも人気が高い<キーマカレー>と<タコライスソース>の2種類を発売します。
ライスと一緒にカラフルなトッピングを盛り付けて、見た目も華やかなワンディッシュメニューが完成。作っても食べても楽しい“プチごちそうレシピ”です。

【忙しい家庭に嬉しい!3つのポイント】

・ポイント1:「常備食材“ひき肉”&“玉ねぎ”で作れる!」
使い勝手のよさからお助け食材となっている“ひき肉”と、常備率の高い“玉ねぎ”を材料に、簡単に作ることができるので、忙しい毎日の献立づくりをお助けします。

・ポイント2:「フライパン1つで調理&仕上げにサッと煮込むだけ!」
炒める・煮るの工程をフライパン1つでできるよう設計しているので、洗いものが少なくなるのも嬉しいポイント。
また、炒めた後はルウを入れてサッと煮込むだけなので、時短調理でメインメニューが完成します。

・ポイント3:「冷凍保存しても使いやすい!」
冷凍保存や解凍をしても風味が変化しにくい設計にしています。
解凍する前に小分けできるように、サクッと割れやすい仕様にしました。
時間がある日に多めに作って冷凍しておくと、忙しい日にも、解凍・加熱するだけで楽しめます。

トッピングや冷凍保存の方法を、ブランドサイトで紹介します。
・ブランドサイト:https://housefoods.jp/products/special/gochirepirice/index.html(2月5日公開)

●ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー>

「ガーリックやオニオンなどの旨み」と「クミン・黒胡椒・フェヌグリークなどのスパイス」による、深いコクと焙煎スパイスの香りが楽しめるキーマカレーの素です。

●ハウス「ごちレピライス」<タコライスソース>

「クミン・オレガノ香るさわやかなチリパウダー」と、「マイルドなトマトのコク」が絶妙なバランスのタコライスの素です。

ハウス「ごちレピライス」製品概要

製品名/内容量ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー>/145g
ハウス「ごちレピライス」<タコライスソース>/140g
価格オープン価格(税別参考小売価格258円)
発売日2020年2月10日
発売地区全国
画像:ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー><タコライスソース>

画像:ハウス「ごちレピライス」<キーマカレー><タコライスソース>

page top