House E-mag

ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

【まとめ】健康維持にもダイエットにもお役立ち! 豆腐をうまくおいしく食卓に取り入れよう

【まとめ】健康維持にもダイエットにもお役立ち! 豆腐をうまくおいしく食卓に取り入れよう

奈良時代、中国から日本に伝わったとされる「豆腐」。高たんぱくで低カロリー、しかもおいしいとあって、海外でも注目を集めている日本食の一つです。豆腐に含まれる栄養素の必要性や、定番メニューとは一線を画すユニークなレシピ、海外の豆腐(TOFU)事情などの情報を集めてみました。ぜひ参考にして、あなたの食生活にも取り入れてください。

低カロリーなだけじゃない、美容と健康にうれしい「豆腐」のチカラ

低カロリーなだけじゃない、美容と健康にうれしい「豆腐」のチカラ

「体に良い」と言われる豆腐は、健康づくりやダイエットをする人にも好まれる食品。低カロリーでたんぱく質が豊富なことは知られているものの、これらが体にどういいのか、きちんと説明できる人は少ないようです。そんな豆腐の栄養素についてご紹介したのが、こちらの記事。豆腐が美容と健康に及ぼす影響を、わかりやすく解説します。

▼記事はこちら

食卓に取り入れるために。子どもの大好物にもなる豆腐レシピ

食卓に取り入れるために。子どもの大好物にもなる豆腐レシピ

消費期限が短く、つい余らせることも多い豆腐。料理研究家の江戸野陽子さんに豆腐の変身レシピ3点を教えてもらいました。どのメニューも簡単につくれて、子どもが好きそうなものばかり! これならきっと、いつも以上にたくさん食べてくれるはずです。

▼記事はこちら

世界に広がる「TOFU」パワーを、アメリカ現地からお届け!

世界に広がる「TOFU」パワーを、アメリカ現地からお届け!

ヴィーガンやベジタリアンなど、動物性食品を避ける人の数が増加傾向にあるアメリカ。この食生活が一つのスタイルと認識されるようになった昨今は、日本の豆腐が「TOFU」として親しまれているそうです。豆腐を好むアジア人が少ないエリアのスーパーでも「TOFU売り場」があったり、和食レストランでは「揚げ出し豆腐」が人気だったり…。そんなアメリカのTOFU事情を、2018年よりマサチューセッツ州で暮らす日本人女性がレポートします。

▼記事はこちら

関連記事

ガッツリ食べたい欲も満たせる! アメリカンテイストなTOFUレシピ

ガッツリ食べたい欲も満たせる! アメリカンテイストなTOFUレシピ

アメリカの食生活に溶け込んでいるという豆腐。基本的に生のままではなく、炒めたり揚げたりして使うことが多いそうです。この記事では、そんなアメリカ流の豆腐レシピをご紹介。考案したのは「野菜と豆腐の料理家」として活躍する江戸野陽子さんです。いつもの豆腐料理とひと味違う3品は、豆腐の新たな魅力を教えてくれるはず。皆さんも、ぜひお試しください!

▼記事はこちら

肉の代わりに豆腐でも摂取できる? 改めて知ろう、たんぱく質の重要性

肉の代わりに豆腐でも摂取できる? 改めて知ろう、たんぱく質の重要性

筋肉や内臓、皮膚、骨、血液など、体を構成する要素として不可欠なたんぱく質。大別すると、肉や魚、卵などに含まれる「動物性」、豆類などに含まれる「植物性」のふたつがありますが、成分としては何が違うのでしょうか? また、どちらかを摂取しているだけでよいもの? そんなたんぱく質についての基本情報を、推奨される摂取量や、不足・摂り過ぎによる弊害と併せてお伝えします。

▼記事はこちら

おいしさも健康食材としてもポテンシャルの高い豆腐。手頃な値段で買えるスーパーフードをぜひうまく活用していきましょう。


GROUP ACTIVITYハウス食品グループの活動

循環型モデルの構築、そして健康長寿社会の実現に向けて取り組みを行っています。

ホームアクティビティHouse E-mag【まとめ】健康維持にもダイエットにもお役立ち! 豆腐をうまくおいしく食卓に取り入れよう