House E-mag

ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

実は炭水化物も重要だった!筋トレ効果を上げるための、運動前後の食事とは?

実は炭水化物も重要だった!筋トレ効果を上げるための、運動前後の食事とは?

健康のために運動をしている人が知っておきたい知識の一つが、運動と食事タイミングの関係。なかなか筋肉がつかない、すぐに疲れてしまって運動自体を楽しめないという人は、もしかしたら食事の取り方が悪いからかもしれません。運動の効果を最大限にするための正しい食事の方法を考えてみましょう。

その食事方法は、もしかしたら運動の効果がでにくいかも!?

健康維持には運動が欠かせません。そのため、ジムやスタジオに通ったりジョギングをしたりする人は多いのではないでしょうか。さらに筋肉をつけて脂肪を減らすために、タンパク質はしっかり摂って、その分白米などの炭水化物(糖質)をなるべくがまんしているという人もいるでしょう。筋肉を作るには炭水化物は不要で、タンパク質さえあればよいというわけです。

それは、実は間違っています。なぜなら、運動中に炭水化物が不足してしまうと、必要なエネルギーを得るために筋肉が分解されてしまうからです。つまり、いくら運動をがんばっても、炭水化物の摂り方が不適切だと、思うような効果が得られない可能性もあるのです。筋肉が分解されて減った状態は一見するとスリムになったように見えるかもしれませんが、代謝が悪くなり脂肪燃焼効率も下がるため、実はかえって太りやすい体になっているかもしれません。

健やかな体を保つには、運動と食事の関係を正しく理解することが必要になります。運動の前後には炭水化物やタンパク質の量や摂り方を工夫すると、より効果が期待できますよ。

運動前に糖質を摂った方がよいといわれる理由とは?

運動前に糖質を取った方がよいといわれる理由とは?

基本的に、運動は無酸素運動(筋トレや短距離走など)と有酸素運動(ウォーキングなど)に分けられます。無酸素運動では糖質が主なエネルギー源として利用され、有酸素運動では脂肪が主なエネルギー源として利用されます。とは言え、運動時には強度や時間によって無酸素運動と有酸素運動を行き来するため、シーソーのような関係で糖質と脂肪の両者がエネルギー源を供給します。

飢餓状態で無酸素運動を行うと、まずはエネルギー源として最初に肝臓や筋肉に蓄えられている糖質の一種を利用します。体内に貯蔵できる糖質の量は少ないため、次に体内のタンパク質を筋肉から分解することでエネルギーとして利用します。その状況が続くと、どんどん筋肉が失われてしまうと言われています。無酸素運動でタンパク質の分解を抑え筋肉を減らさないためには、事前にエネルギー源として食事で適切な量の糖質を摂っておくことが必要です。

また、どちらの運動の場合でも、糖質不足はエネルギー不足ですぐにバテやすくなります。そして、集中力が低下したり、低血糖状態になったりと、思わぬ怪我につながる可能性もあります。集中して安全に運動を行うためにも、運動前には糖質を摂っておくことが重要です。

運動前におすすめの食事をタイミング別に紹介!

運動前におすすめの食事をタイミング別に紹介!

運動前に糖質を摂ることが必要な理由はわかりました。しかし、仕事帰りにジムで運動する場合などは、ちょうどよいタイミングで食事を取れないこともありますよね。それでは、運動のどれくらい前にどんなものを食べれば、安全に運動ができ、効果的なのでしょうか。

運動2~3時間前に食事を取る場合(食事を取るおすすめのタイミング)
運動前にこれくらいの時間があればたいていのものは運動に影響がない程度に消化されるため、いつも通りの食事を取って大丈夫です。糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく取れるよう、ご飯や汁物、おかずなど定食形式のものがおすすめです。また、トレーニングの約3時間前に糖質を含んだ十分な食事を取ると、エネルギー源となる筋グリコーゲンの量が多くなり運動に効果的だとも言われています。

運動1~2時間前に食事を取る場合
運動中に消化不良を起こすことを防ぐため、おにぎりやうどん、脂質の少ないパンなど、消化のよい炭水化物を軽く食べるようにしましょう。避けたいのは脂質が多いもの。揚げパンやデニッシュ、オイルたっぷりのパスタなどは、炭水化物がメインでも運動中に気分が悪くなってしまうことがあります。

食事を取れず運動30分前になってしまった場合
バナナや牛乳、ゼリー飲料などすぐに消化できてエネルギー効率がよく糖質を含むものがおすすめです。あまり時間がないときは、糖質補給と水分補給を兼ねてスポーツドリンクを利用してもよいでしょう。

運動後すぐの食事は太る?いいえ、適切な補給が大事

運動後すぐの食事は太る?いいえ、適切な補給が大事

運動後も体を回復させるために代謝は働き、このときに活動中に使われた糖を肝臓や筋肉に補填するため、脂肪が使われていきます。そして、エネルギーや栄養素を多く消費した運動直後は、タンパク質などの栄養素を吸収しやすい状態になっています。

タンパク質は、筋肉中のエネルギー源の回復のピークである運動後45分~1時間以内に補給されていると、もっとも効率が良いといわれています。そのため、タンパク質は運動前ではなく、運動後30分以内に摂取することを心がけましょう。運動後は肉や魚がメインのしっかりとした食事を取るのが理想ですが、すぐに食事ができない場合は、まずはプロテインや豆乳、牛乳、ヨーグルトドリンクなどを飲んでおくのも手です。

さらに、速やかに糖質を摂取すると、運動で減ってしまった筋グリコーゲンの回復に役立つため、筋タンパク質の分解を抑えられると言われています。

また、運動後の体を回復するために続く代謝を助けるため、汗と一緒に流れてしまった、ビタミンやミネラル類を補うことも必要です。特に、糖質や脂質を筋肉や肝臓に蓄えるエネルギーに変える際に必要なビタミンB群や、タンパク質の吸収率を向上させるビタミンCなどを意識して摂るようにするとよりよいでしょう。

ただし、会社帰りなど遅い時間に運動して、あとは寝るだけといったタイミングであれば、食事の量が多すぎると、使われなかった分が脂肪として蓄えられてしまいます。ゆで卵やサラダチキンや納豆といった軽めの食事にするとよいでしょう。

「運動後のビールは最高!」これって大丈夫?

「運動後のビールは最高!」これって大丈夫?

また、運動の前後には、脱水を防ぐために必ず水分補給を行いましょう。コップ1杯程度の水をゆっくり飲むのがおすすめです。運動中もこまめな水分補給が必要ですが、夢中になっているとどうしても忘れがちになります。何回ごととか何分ごとといった目安を決めて、のどが渇いていなくても水分を摂るようにするとよいでしょう。

水分補給として水やお茶でなく、スポーツドリンクやジュースを飲む人もいるかもしれません。ある程度の糖質が含まれている方が水分の吸収がよくなり、ビタミンやミネラルも摂れるので、運動中に少しずつ飲む分にはかまわないのですが、注意したいのが、運動後に一気飲みすること。血糖値が急激に上昇し、太りやすくなるリスクがあります。

また、運動終わりの一杯を楽しみにしている人も少なくないでしょう。なかには「冷えたビールをおいしく飲むために、水を飲むのをがまんしている」といった人もいるようです。しかし、運動後は汗をかいて水分不足の状態。ビールなどのアルコール類には強い利尿作用があるため、水分不足のままでは脱水症状になりやすくなりとても危険です。アルコールを飲むならむしろ、いつもより多めに水を飲むようにしましょう。

運動前後の食事の見直しで効果アップ!

「しっかりトレーニングを行っているのに全く変化が見られない…」という方は、一度運動前後の食事を見直してみましょう。炭水化物を極端に減らしていたりすると、筋肉が減ることで基礎代謝が低下してしまっている可能性があります。運動前に糖質、運動後にタンパク質と糖質、ビタミンミネラル類を摂っておくことが、運動の効果を上げるポイント。効果が見えると楽しくなるし、運動も続けやすくなりますよ。とはいえ、普段の食生活も体作りには重要なので、栄養バランスのよい食事を取ることも大事にしましょう。

岡田 明子さん

管理栄養士。自身の13kgのダイエット成功経験と管理栄養士の経歴を生かし「食べてキレイにやせる」ダイエットメソッドを確立。飲食店などのレシピ開発やセミナー講師、執筆活動を精力的に務める他、延べ5000名以上の方にダイエットサポート実績があり、ダイエットに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。


GROUP ACTIVITYハウス食品グループの活動

循環型モデルの構築、そして健康長寿社会の実現に向けて取り組みを行っています。

ホームアクティビティHouse E-mag実は炭水化物も重要だった!筋トレ効果を上げるための、運動前後の食事とは?