House E-mag

ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

働きママのお弁当事情を調査!上手な手抜きで家族みんなハッピー

働きママのお弁当事情を調査!上手な手抜きで家族みんなハッピー

働くママたちにとって、少しでも負担が減ると助かる家事。なかでもお弁当作りは、上手に手抜きしながらも、子どもには喜んでもらえるお弁当を作りたいですよね。そこで世の働くママたちがどんな工夫をしているのかを調査! 20~40代のワーキングマザーのみなさんに、お弁当事情についてアンケートを行いました。
提供:All About

みんなどうしてる? 働くママがお弁当作りで工夫していること

総合情報サイト「All About」が212人の女性を対象におこなったアンケート(※)によると、お弁当作りを手早く行うために「何らかの工夫をしている」ママは実に85%以上! いかに短時間で、見た目も味もおいしいお弁当を作りたいと思っているかが分かりますね。

具体的な工夫としては、「前日の夕食の残り物を活用する」、「作り置きをしておく」、「冷凍食品を活用する」と答えた人が多く、朝はお弁当箱に詰めるだけでOKな状態まで準備しておくのが時短ポイントのようです。

また、子どもを喜ばせるための工夫については、約6割のママが「好きなメニューを入れる」、「彩りを良くする」と回答。見た目と栄養のバランスを意識していることが分かります。次いで多かったのが、飾り切りやキャラクター弁当を作るという回答。可愛いお弁当なら苦手な物も頑張って食べてくれるかもしれませんね。

そんなふうに日々工夫しながらお弁当作りを頑張っている一方で、ママたちには悩みもあるようで……。

「いつも同じようなメニューになってしまう」、「レパートリーが少ない」、「子どもの好き嫌いが多くて偏ったメニューになる」というように、特にメニューのマンネリ化に悩む声が多く挙がりました。

※2018年3月実施。4歳以上7歳未満の子どもを持ち、週1回以上お弁当を作っているママを対象とした。

我が家のお弁当の中身を公開! テッパン&時短メニュー

ここからは、ママたちのお弁当悩みで最も多かった「メニューのマンネリ化」を解消すべく、みんなのお弁当の中身を大公開! 子どもが喜ぶテッパンおかずから、働くママに嬉しい時短でおいしいメニューまでランキングでご紹介します。

<ウチの子が喜ぶ! お弁当テッパンおかず>

1位 からあげ
2位 ハンバーグ
3位 卵焼き

ダントツでトップだったのは、大人も子どもも大好きな「からあげ」。前日の夕飯を活用しやすいので働くママは大助かりですよね。2位のハンバーグも同じく夕飯をスライドさせやすいうえ、一品でボリューム満点なため他のおかずを減らせるというメリットも♪卵焼きは味、彩りともにお弁当のテッパンおかずです。

<我が家の楽ウマ弁当♪時短メニュー>

1位 生姜焼き
2位 野菜のベーコン巻き
3位 ほうれん草のごま和え

1位は、忙しい朝でも手軽に作れておいしい生姜焼き。お弁当の主役にもなるし、ごはんもすすむので食べ盛りのお子さんにもピッタリのメニューです。2位には、栄養も味も満足の野菜のベーコン巻きがランクイン。巻かれる野菜で味を変えられるので、毎日入れても飽きがきません。3位に入ったほうれん草のごま和えは、ほうれん草と調味料のみでOKの最強時短メニュー。茶色くなりがちなお弁当に1品で彩りを添えてくれるのも◎。

寝坊しても大丈夫♪いざという時に使える究極の手抜きワザ

働くママは仕事に家事に大忙し。たまには寝坊したり、体調が悪かったりする日もありますよね。そんな時でも待ってくれないのが、お弁当作り。最後は、最高潮に時間がない朝にみんながやっている、ピンチを乗り切るお弁当テクニックを3つご紹介します。

その1.素材を活かす!

「洗うだけでOKのミニトマト、レンジでチンするだけでOKのブロッコリーはスキマ食材として大助かりの固定メニュー」
「キャベツにごま油と塩胡椒、粉ふきいもに青のりのように、素材プラス味付けで立派な一品に」
「品数が少なく栄養バランスが心配な日は、ミニカップ型の納豆を持たせる」

その2.主役メニューでボリューム弁当に!

「オムライスやカレーのように、一つで満足できるメニューを持たせる」
「ごはんを下段に、ソースハンバーグと卵などを上段にしてロコモコといった具合に、丼ものにしてしまう」
「スープジャーを活用。前日に作った汁物を具多めで入れる」

その3.火を使わずに調理時間を短縮!

「サンドイッチやベーグルなどを主食にする。ほとんど火を使わない材料を挟むので時短になる」
「ハムにチーズを巻いたり、ちくわにきゅうりを入れたりして、火を使うことを避けたおかずを中心に作ります」

働きながらお弁当を作るのは大変ですが、どのママも工夫しながら頑張っていることがわかりました。ご紹介した働くママたちのテクニックを参考に、上手に手抜きしつつも愛情のこもったお弁当を作ってあげてくださいね。


GROUP ACTIVITYハウス食品グループの活動

循環型モデルの構築、そして健康長寿社会の実現に向けて取り組みを行っています。

ホームアクティビティHouse E-mag働きママのお弁当事情を調査!上手な手抜きで家族みんなハッピー

page top