News&Topics

大人ができる子どもの味覚の育て方
House E-mag

大人ができる子どもの味覚の育て方

甘い物が好きだったり、出汁のきいた物が好きだったり、人それぞれ異なる「味覚」。「五味」と呼ばれる基本的な味を感じる味覚は生まれつき決まっていて個性がありますが、味覚形成に大きな影響を及ぼしているのが、「小さい頃の食生活」なのです。味覚は生まれつき決まってしまうものではなく、学習によって幅を広げられるもの。今回は、子どもの味覚を育てる方法についてご紹介します。

好きは「学習」によるもの

大人になると自然とさまざまな味が好きになるかというと、実はそうではありません。美味しさを感じる感覚は、学習によって「育てる」もの。例えば、子どもの頃に苦手だったピーマンやししとうなどの苦味が、大人になったら美味しく感じられるようになった……。これは幼少期から苦手でも少しずつ食べてきた結果、味覚の幅が広がって美味しいと思えるものが増えたためです。

つまり、子どもの味覚を育てるためには、毎日の食事を管理する親や周囲の人のサポートが必須。子どもの豊かな人生のために、大人ができる味覚の育て方を知っておきましょう!

子どもはいつから味を感じるようになる?

私たちが感じる基本的な味は、甘味・塩味・酸味・苦味・うま味の五味で、この他に脂肪の味も舌で感じることができます。そしてこれらは、生後すぐから識別することが可能です(塩味は生後3ヶ月くらい〜)。

味覚は生まれた時が最も敏感でシンプルにできており、甘味・塩味・うま味といった生きるために必要な味を「美味しい」と感じ、体に危険を及ぼしかねない酸味や苦味を「まずい」と感じるようにできています。

子どもの味覚を育てよう! 味覚形成アドバイス

子どもの味覚を育てよう! 味覚形成アドバイス

生まれてすぐに始まっている、味覚の発達。味覚の幅を広げ、たくさんのものを美味しく食べるためには、小さい頃にさまざまな味をインプットしておくことが大事だということが分かっています。ここからは、大人がしてあげられる、子どもの味覚発達のためのポイントをご紹介しましょう。

この記事の続きは健康とおいしさを応援するマガジン
「House E-mag」にて読むことができます。

「House E-mag」に移動する

ホームアクティビティおいしい家族育News&Topics大人ができる子どもの味覚の育て方

page top