News&Topics

House E-mag

野菜の有効活用、生の野菜をそのまま冷凍保存する
ダイレクトフリージング!!

毎日手軽に野菜を食べたい方におすすめなのが「ダイレクトフリージング」という野菜の保存方法。野菜を切ったらそのまま冷凍、使いたいときに使いたい量だけ取り出してそのまま調理できるので、圧倒的時短&野菜の保存が可能になるのです。その基本の手順と向いている野菜、さらに調理方法までご紹介します。

「ダイレクトフリージング」とは?

「ダイレクトフリージング」とは、洗った野菜を調理しやすい大きさに切り、生のまま冷凍する保存方法のこと。使うときは、凍ったままの野菜をそのまま加熱調理することができるので解凍の手間も不要。野菜の味を損なうこともなく、手軽に食べることができます。

■メリット

これまでは「茹でて冷ましてから保存」「下味をつけてから保存」「調理してから保存」といった手順を踏んで冷凍していた方も多いかもしれませんが、そんな手間を割愛。手順が減るので楽ちんで保存でき、しかもカットされているので調理の手間が減ります。また、余らせがちな野菜も、腐らせたりダメにしたりすることが減るので、余すことなく有効活用できます。

■注意点

ダイレクトフリージングに向いた野菜とそうでない野菜があります。また、凍ったまま加熱調理が必須なので、調理法が限定されます。特に生食はできないのでご注意を。たとえば、買ってきた野菜の半分は生でいただき、残った半分を冷凍するなどしていただくと、バランスよく、いろいろな調理法の野菜料理を楽しめるのではないでしょうか。

この記事の続きは健康とおいしさを応援するマガジン
「House E-mag」にて読むことができます。

「House E-mag」に移動する

ホームアクティビティおいしい家族育News&Topics野菜の有効活用、生の野菜をそのまま冷凍保存するダイレクトフリージング!!

page top