News&Topics

House E-mag

子どもの野菜嫌いを克服する方法

小さいお子さんを持つご家庭にありがちな悩みといえば、子どもが野菜を食べないこと。今回は、子育ての中で大きな壁となる「野菜嫌い」を克服する方法について、考えてみましょう。

なんで子どもたちは野菜を食べないの?

子どもたちが野菜を苦手だと感じる大きな理由のひとつは、その「味のわかりにくさ」にあります。

わかりやすい甘みや旨味を感じられるものを好む一方、酸っぱい、苦い、渋いといった本能的に避けがちなものや、噛めば噛むほどおいしさが出るような「大人の味」、つまりわかりにくい食べものは、すぐには好きになれない傾向があるんです。

このほかにも、見た目や食感、独特のにおいなども、子どもたちが野菜を食べてくれない理由として挙げられます。

味覚は食の経験をつむことで成長するので、酸っぱいものや苦いものでも食べられるようになっていきますが、とはいえ、自分のお子さんが野菜を食べてくれないと、栄養バランスや今後の成長が心配になるもの。

野菜には身体に必要な栄養が含まれていることは皆さんご存知の通り。さらに野菜ジュースやスムージーではなく野菜そのものを食べることで、「噛む」習慣をつけることも重要な役割といえます。

子どもの野菜嫌いを克服する方法

それでは、子どもの野菜嫌いを克服し食べさせるためには、具体的にどんなことを心がければ良いのでしょうか。よく知られた方法から、発達心理学の考え方を取り入れたものまで、いくつかご紹介します。

この記事の続きは健康とおいしさを応援するマガジン
「House E-mag」にて読むことができます。

「House E-mag」に移動する

ホームアクティビティおいしい家族育News&Topics子どもの野菜嫌いを克服する方法

page top