ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン House E-mag ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

誰もがかかる「風邪」…その予防と対策は?

誰もがかかる「風邪」…その予防と対策は?

万病の元ともいわれる「風邪」。誰もが一度はかかったことがあるでしょう。人によっては一年に何度も繰り返し「風邪」を引いてしまったり、時にこじらすこともあります。そんな「風邪」の対策をしておきたいものです。

「風邪」とは何か?

「風邪」とは何か?

「風邪」は、風邪症候群とも言われ、正式には上気道炎、咽頭炎、鼻炎とも呼ばれています。あまりにも身近であるために、少し調子が悪いと、つい「風邪」と考えがちかもしれませんが、「風邪」は、鼻、のど、のどの奥に起こる炎症で、病原体によって起こる感染症です。

病原体の多くは、ウイルス感染です。原因として、ライノウイルス、RSウイルス、コロナウイルス、パラインフルエンザウイルスなどのウイルスが関与しています。1年に何度も「風邪」を繰り返すのは、原因ウイルスの種類が多いためです。

主な症状は、炎症の結果、免疫反応のために起きる発熱、くしゃみ、鼻水、ノドの痛み、咳などがあります。全身倦怠感、関節痛を起こすこともあります。

「風邪」の症状はほとんど1週間以内に良くなります。1週間以上、発熱と咳が続く場合は、気管支炎や肺炎、中耳炎になっていることも。いわゆる、「風邪」をこじらした状態になっているわけです。

また、「風邪」と思っていても、少し長引いたり、ずっとすっきりしない時には、関節リウマチ膠原病や自己免疫疾患の症状であったり、悪性腫瘍が見つかったりすることもあります。2週間以上咳が続く場合は、気管支喘息であったり、鼻水が2週間以上続く場合は、アレルギー性鼻炎であったりするかもしれません。いつもの「風邪」とは違うなと思った時には医療機関を受診しましょう。

「風邪」の治療は?

「風邪」の治療は?

残念ながら「風邪」に対する特効薬はありません。治療は「風邪」の症状に対するものになります。

発熱は、免疫を高める身体の防御機能ですが、食欲がない、寝れない、水分が摂れないなどの症状があれば、鎮痛解熱剤を内服します。発熱に伴う頭痛や関節痛も鎮痛解熱剤を内服します。

咳は、病原体を体外に出す防御機能で、主に痰を切りやすくする去痰薬を内服します。しかし、あまりにも咳がひどい時には鎮咳薬を使うのも1つの方法です。

くしゃみ、鼻水には、去痰薬や抗ヒスタミン薬を内服します。抗ヒスタミン薬には、副作用として眠気があるので、作業中はその服用には注意が必要です。できれば眠気の少ない抗ヒスタミン薬が望ましいでしょう。

「風邪」の予防と対策

「風邪」の予防と対策

根本的な治療方法がありませんので、対策と予防が重要になってきます。予防としては、病原体の侵入を防いだり、病原体が体内に侵入しても病気にならないために免疫力をアップすることが重要になります。具体的には、以下のようなことが挙げられます。

■正しくマスクをつける

風邪対策として、まずは、病原体の侵入を防ぐことが挙げられます。

咳のなかに含まれる痰やツバには、病原体が潜んでいますので、その侵入および拡大させるのを防ぐのがマスクです。スキマがあると効果が悪いので自分の顔にあったサイズのマスクを選び、素材も使い捨てで、ウイルス粒子が防げるマスクの方がよいでしょう。

■手洗い・うがいをする

手には多くの病原体が付着しているため、石鹸でしっかりと手を洗い、付着した病原体を洗い流すようにしましょう。うがいは、口の中を清潔にすることができ、粘膜は乾燥すると病原体に感染しやすいため、乾燥を防ぐこともできます。

■適度に加湿する

乾燥すると、ウイルスの感染力が高まることが報告されています。また、ノドや鼻の粘膜が乾燥すると、炎症を起こしやすくなり、「風邪」を引きやすくなります。そのため、加湿も有効です。

とはいえ、加湿しすぎるとカビやダニを繁殖させることにもつながるため、50~60%程度の加湿をおすすめします。空気中に含まれる病原体を減らす意味では、空気清浄機なども1つの方法です。

■バランスがとれた食事と質のいい睡眠をとる

体内に侵入した病原菌に抵抗するためには、免疫力をキープすることも大切。免疫を担当する細胞を増やすには栄養が必要です。食事のバランスが悪いと免疫細胞にも影響し、体力の低下、精神状態の不安定さ、免疫力の低下につながります。加えて、睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、精神の不安定さ、免疫力の低下を招きます。栄養素バランスがとれた食材、1日30品目の摂取を目標とし、規則正しい生活と適度な運動を心がけ、よい睡眠をとるようにしましょう。

■腸の免疫細胞にも注目

免疫については、「腸」にも注目してみましょう。というのも、腸は食べたものを消化、吸収するだけでなく、からだ全体の50%以上といわれる「免疫細胞」が存在し、免疫に深く関わってる器官だからです。腸内環境が悪化すると免疫力が低下することも知られています。

風邪の予防は日常生活の小さな積み重ねから。病原体の進入を防ぐとともに病原体に負けないからだづくりを目指しましょう。

清益功浩さん
医学博士。日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医。他にも、メンタルヘルスマネジメント始め、法律、経済、化学などについて多岐に渡る資格を有し、現役医師として多くの方に正確な情報を提供し、診察室以外でも情報発信をおこなっています。
RECOMMEND 関連記事

ホームアクティビティHouse E-mag誰もがかかる「風邪」…その予防と対策は?

page top