ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン House E-mag ハウス食品グループがお届けする 健康とおいしさを応援するマガジン

オフィスワーカーの健康を食事からサポート!デリバリー型社員食堂の取り組み

オフィスワーカーの健康を食事からサポート!デリバリー型社員食堂の取り組み

働き方改革の一環として、社員の労働時間の管理に留まらず、健康にまで踏み込んだサポートを提供する「健康経営」に取り組む企業が近年増えています。社員の健康を食から応援する新しい形として、※デリバリー型 社員食堂「シャショクル」を展開するスターフェスティバル社と、「シャショクル」の実際の導入先であるリンクアンドモチベーション社にインタビューを行いました。

※デリバリー型 社員食堂「シャショクル」
オフィスの中まで日替わりランチをお届けするサービス。展開するスターフェスティバル株式会社は、ハウス食品グループと資本業務提携を結んでいます。

*2019年02月04日ハウス食品グループ本社株式会社、スターフェスティバル株式会社、株式会社SARAHとの業務提携及び出資に関するお知らせ

https://housefoods-group.com/newsrelease/news1003000713.html
リンクアンドモチベーションのオフィス風景
リンクアンドモチベーションのオフィス風景

昨今、企業は社員の健康意識向上にとても強い関心を持っており、「健康経営」や「働き方改革」といった言葉がよく聞かれるようになりました。
今回インタビューを行ったリンクアンドモチベーションでは、食事面での福利厚生として、デリバリー型 社員食堂「シャショクル」を以前から導入しています。

リンクアンドモチベーション社の担当者
リンクアンドモチベーション社の担当者

担当者:銀座にオフィスを構える弊社は、お昼どきの飲食店やコンビニエンスストアの混雑により、社員が食事をすることに苦労している実態がありました。
そこで、オフィスのなかで手軽に日替わりランチが購入できる「シャショクル」の利用を開始しました。

リンクアンドモチベーションの「シャショクル」販売スペース
リンクアンドモチベーションの「シャショクル」販売スペース

オフィス内のリフレッシュスペース2拠点に売り場を設け、毎日約170個のお弁当を販売していただいています。お弁当と一緒にミニサラダや野菜ジュースを販売するなど、社員ひとりひとりの食事環境づくりに積極的に取り組み、食の面から社員の健康をサポートすることによって、ひとりひとりの生産性向上を目指しています。

-スターフェスティバルの山中さんにもお話をお伺いしたいと思います。シャショクルについてお聞かせください。

山中さん:「シャショクル」自体、よく「オフィスへお弁当を毎日持ってくる」サービスとして見られがちですが、我々が目指していくサービス像は少し異なります。サービスを導入してくださった企業様と共にその企業様が抱えている様々な課題、たとえば社員の健康意識向上やコミュニケーション促進、さらには社会テーマであるSDGsへの対応まで、食を通じた取り組みで常に企業様をサポートしていきたいと考えています。
特に最近では、ウォーキングラリーや朝ヨガといった運動を促す社内イベントの開催等、社員の健康管理を後押しする環境づくりを行う企業様が増えてきたと感じています。私たちはこれまでに栄養バランスが取れたパワーサラダや低糖質弁当といったメニュー開発を行ってきましたが、今後もさらに食事の面から健康の手助けができる商品や企画をどんどん提案していきたいですね。

インタビューに答えるスターフェスティバルの山中さん
インタビューに答えるスターフェスティバルの山中さん

-今回スターフェスティバルから、オフィスの健康をサポートするために、どのような提案をしたのでしょうか。

担当者:冬期になると特に企業の総務担当者が「従業員の健康管理・未病予防」に頭を悩ませていることが分かりました。我々が提供する毎日の食事と共に続けられる健康習慣があれば、お客様の課題をまた一つ解決していくことが出来る、と思いました。

そこで考えたのが、お弁当に乳酸菌入りの食品を添付して販売すること。毎日、お弁当を買われるお客様の中にも、意識して摂取している方も多く、メッセージが伝わりやすいと考えました。
弊社が資本業務提携を結んでいるハウス食品グループの「まもり高める乳酸菌 L-137」シリーズは、常温・長期保存が可能な上、お茶やお味噌汁などと一緒に摂取しやすいこともあり、お弁当とのセット提案に最適、これだ!と思いました。

お弁当ひとつひとつに「まもり高める乳酸菌 L-137」を添付した
お弁当ひとつひとつに「まもり高める乳酸菌 L-137」を添付した
お弁当に添付した「まもり高める乳酸菌 L-137」を確認する様子
お弁当に添付した「まもり高める乳酸菌 L-137」を確認する様子
昼食時間帯の販売スペースの様子
昼食時間帯の販売スペースの様子
「おまけがついてる!これ何ですか?」 「あ、CMで見たことある」 と販売スタッフに対する質問や、社員同士のコミュニケーションも生まれている様子
「おまけがついてる!これ何ですか?」
「あ、CMで見たことある」
と販売スタッフに対する質問や、社員同士のコミュニケーションも生まれている様子

-今回取り組みを行われて、いかがだったでしょうか。

担当者:こういった無理なく続けられる健康習慣は、オフィスでの健康意識向上と相性がいいですね。ただでさえ忙しい社員に、新しく時間を取ってもらうようなことは会社としても勧めづらいので、食事のついでにプラスアルファという形なら無理なく続けられそうです。
また『まもり高める乳酸菌L-137』は、CMなどでも広くブランドが知られており、信頼できる食品として安心して社員に配ることができました。

パウダータイプは飲み物にサッと溶けて、味の変化も特別感じないので、お弁当と一緒に違和感なく取り入れられる
パウダータイプは飲み物にサッと溶けて、味の変化も特別感じないので、
お弁当と一緒に違和感なく取り入れられる

オフィスのなかで食べる“お弁当”にあわせて「まもり高める乳酸菌 L-137」の摂取をサービス導入企業の社員に促すという取り組み。毎日の食事のついでに続けられる新しい健康習慣として「乳酸菌の摂取」が定着する日も近いのかもしれません。

この件に関するお問い合わせはこちら
https://stafes.co.jp/contact

RECOMMEND 関連記事

ホームアクティビティHouse E-magオフィスワーカーの健康を食事からサポート!デリバリー型社員食堂の取り組み

page top